賃貸探しは最初が肝心なのです|評判の高いリブマックス

お得な賃貸住宅を探す

女性

ポイントは仲介手数料

アパートやマンションなどの賃貸住宅に入居する場合、入居者は初期費用として不動産仲介業者に手数料を支払います。これは賃貸借契約の成立を仲介したことによる一種の成功報酬で、仲介業者にとって収益の根幹をなすものです。ところが最近、インターネットの賃貸情報サイトなどにおける物件情報を注意して見てみると、物件詳細として「仲介手数料無料」と書かれているのを目にする機会が増えてきています。一般に、賃貸住宅に入居する際は家賃の6か月分程度の初期費用が必要だと言われています。そして仲介手数料は、家賃の1か月分が相場となっています。つまり仲介手数料無料となれば初期費用の6分の1が節約できるわけで、これは入居者にとっては非常にお得な物件であると言えます。

家主側にもメリットあり

そもそも法令上の規定では、仲介手数料は家賃の1か月分を上限とし、家主と入居者が折半することになっています。ただ、当事者間の合意があれば負担割合を変更して差し支えないとも定められています。つまり従来の物件は仲介手数料の上限額を入居者が全額負担していたのに対し、仲介手数料無料物件では逆に家主が全額負担していることになります。これは一見すると入居者だけに有利なように見えますが、家主の方にもメリットがあります。それは、入居率のアップが期待できることです。入居者にお得感をアピールすることができれば、空室が発生してもすぐに埋まりやすくなります。つまり長い目で見れば、仲介手数料無料は家賃収入を安定的に確保するのに役立つというわけです。

このエントリーをはてなブックマークに追加